月別アーカイブ: 10月 2016

妊娠している間は、妊娠する前の体とは異なることを頭に置いておきましょう

妊娠している間は、妊娠する前の体とは異なることを頭に置いておきましょう。

特に妊娠初期の頃はお腹も小さく変化があまり感じられないため、ついつい今までと同じように動いてしまいますしかし妊娠初期の頃は赤ちゃんの体の基礎となる大事な時期です。
体調が良いからと無理のないように過ごしたいものです。

安静を心がけて、小さな変化も見逃さず、身体を休めることが大事です。
めでたく奥様が第一子を妊娠すると、何をしたらいいか分からない旦那さんは多いと思います。
まずは奥さんと一緒にいる時間を増やしましょう。妊娠中は不安な奥さんも安心できるようになります。
妊婦健診も二人で一緒に行ってみましょう。少しずつ父親になる実感が湧いてくるものです。気をつけなければいけないのが、産院は基本的に女性を優先すべき場だということ、座らず男性は隅っこで待ちましょう。奥さんの妊娠中は旦那さん大変ですが、ここは妊娠中の方を最優先にして下さい。
晴れて赤ちゃんができたとわかった場合、まずは病院へ行き、妊娠しているかの確認をうけてください。最近の妊娠検査薬は非常に精度が高いので、陽性反応が出ればほぼ妊娠は確実でしょう。

しかし、妊娠検査薬では陽性でも、子宮外妊娠など異常妊娠の可能性もあります。
ですから、陽性反応があったら病院へ行くことが大切です。診察にかかる際は生理予定日より1~2週間過ぎてからが良いでしょう。これよりも早い段階で診察を受けても、赤ちゃんのいる胎のうがわからず、翌週も病院に行かなければなりません。

切迫早産で入院すると、絶対安静であることが必須です。
常に点滴を受け、ごはん、お風呂、お手洗いを除くと常にベッドにいることになります。
点滴はウテメリンという副作用があるお薬で手の震え・動悸・息切れがひどかったです。段々体は慣れてくるのですが…。
入院中は本当にすることがないので、大人の塗り絵やナンプレといった手先でできることで暇な時間をやり過ごしていました。

初めて妊娠を知った時、嬉しくて仕事をすぐに退職しました。
退職してみたものの、毎日暇を持て余すようになりました。
やる事が無く友達などとしょっちゅう外食に出てはお金を使い、検診で体重を注意されるようになってしまいました。つわりもほとんど無く元気だったので、程ほどに働きながら妊娠期間というものを過ごしておきたかったと思いました。妊娠期間中はホルモンバランスが変化するため、精神が不安定になりがちで、意識してリラックスできる時間を作ることが大切です。しかし、運動も食事も、妊婦さんには気を配るべきことが多く、それだけで大変ですよね。例えば、家での映画鑑賞や読書に挑戦してみてはいかがでしょう。母親が教養をつけておくことは産まれてくる子供への教育の準備になります。試にすこしずつ始めてみてはどうでしょう。臨月間近にもなると、妊娠後期も半ばを過ぎあと4週で出産を迎えるような時期です。
妊娠初期からこれまでは、身体は妊娠の安全に成長させられるよう制御されていましたが、これからは出産に向けての準備へと妊婦の体が少しずつ変化してくる時期になります。

なので、体に負担を掛けてしまうと、早産につながってしまう可能性があります。

妊娠を希望するときには、まず毎朝、基礎体温を測り、生理周期を自分で確かめる事が必要です。

タイミングは排卵日あたりに合わせて夫婦生活をすることで、通常よりも妊娠しやすくなります。

1年以上実践しても妊娠しない時には、ご主人とよく話し合った上で、妊娠可能な体でお互いあるのか、赤ちゃんができない原因となるものはないか。それを病院でちゃんとチェックしてソリューションを見つけるのも方法ですね。

妊娠はとても素晴らしいことだと思います。

子供ができるということはとてもうれしいことですよね。妊婦検診では超音波検査をしますよね。順調に胎児が成長しているかを検査するものですが、赤ちゃんが男女どちらかを知ることもできます。

赤ちゃんが男の子、女の子どちらか気になる人も多いでしょう。
もし希望通りの性別でなくても残念に思わないでくださいね。
産まれてきた我が子は無条件で可愛いです。私は40歳近くの高齢出産でしたので、病院の先生方や先輩のママさんからも色々教えていただきました。

体重が若干基準値を超えていたので、体重をきっちり管理するよう言われました。にもかかわらず、何かを口にしていないと気持ち悪くなる、いわゆる食べづわりだったので、常に何かを食べていました。
瞬く間に20キロ近く太ってしまい、足はまるで増のようにむくみ、妊娠中毒で入院しかかった、ダメな妊婦でした。ですが、出産自体は1時間ほどですんなりと産まれましたので、結果的には優良妊婦だと自負しています。

サプリメント妊活のすべて